自分の継続学習

人の話を聞くということ

これは人から聞いた話ネタです。元ネタがどこから出た話なのかは定かではないので、細かい点で違っていたら申し訳ありません。ただ、あまりにも素晴らしい内容なので、多くの人に知ってもらいたいとの思いからアップしました。

さて、人の話をきく、という時、場面によって「きく」という音を正しい漢字にあてはめましょう、ということがありますね。

例えば、傾聴の世界では「聴く」と書き表します。

これは、相手の話にちゃんとあいづちやうなずきをしながら自分の意見など口をはさまずに、じっくりきくことを表しています。

人の話を長い時には30分ほど、じっくり聴く必要のある時もあります。大変疲れますが、相手の本音を聞き出したり、相手に快くなってもらうため、私たちには必要で身につけなければいけないスキルです。

私は、このスキルを使う時には、さあ聴くぞ、というように心のスイッチを入れなければなりません。そのくらい体力と気力が必要なものです。

一般的に、きくとは「聞く」という漢字をあてますが、「聴く」と「聞く」は意味が違って、聞くとは、ただ漫然と人の話を聞くことも意味しますよ、と私は教わりました。

さて、ここからが本題。

聞くとは、実は漢字に大切な意味が込められています。

「聞く」の外は門(もん)ですね。

そして、門の中に耳があるので、この漢字の意味は、心の門を開けて人の話を聞く、のだそうです。そうです。人の意見に耳を傾けることです。

自分とは考えや価値観の異なる人の話も聞く。 自分にとって耳の痛い話に対しても聞く。 自分の子供のような年齢の人の話も聞く。 自分の固定概念を捨てて、教えを乞うように聞く。

そのような大切な意味が込められているようです。この文章を読んだ人は、心の門を素直に開いて、人の話を聞いてみてくださいね。

では人の話を聞かなくなると将来どうなるのかを、書き留めたいと思います。

人の話を素直に聞くことができない。
人の話を否定的に受け止めてしまう。人の忠告を聞き流してしまう。
こういうことを継続しているとどうなるか、それは・・・。

耳が遠くなってしまう、らしいです。

なぜかというと、人の話を聞くためにも、人には耳がある。もちろん他の理由もありますが。ところが、人の話しを聞かない人には耳が不要だということで、耳が遠くなってしまうのだそうです。

そういえば、私は若いころから、人の声を聞きとる能力が人より相当衰えていた。
雑踏の中で話しかけられても、何を言っているのか聞こえず何度も聞き返して、嫌な顔をされたことも数多い。

相手が小声で話しかけられると、聞きとることができずきき返すと嫌な顔をされるので、ごまかし笑いをすることもよくある。いまだにある。

自分の欠陥を知っているので、人の話は注意深く聞くことにしている。じっと集中して、聞こえない時には、耳に手を当てて必死に聞く。

そういう姿勢が、結果的に話す相手に、あの人は熱心に私の話を聞いてくれるという好感を持ってもらえることに役に立っていたと思う。

さて、話を戻しましょう。

なぜ、人の話しを聞かないと耳が遠くなってしまうかというと科学的にはどうなのか知らないが、人の話を聞かないと耳を動かす筋肉などが衰えて、結果的に聞こえなくなってしまうのではないか、ということを人から聞きました。

宇宙飛行士が重力のない宇宙から、地球に戻ってきたときに重力で体が重く、立てなくなってしまうと同じように筋肉などを使わないと、自然に衰えてしまうのでは。

こう考えると納得しやすいのではないでしょうか。もちろん、異論や反論は一杯あるでしょう。

私がお伝えしたいのは、折角人の、良い話を聞くためにある耳なのだから、素直に聞きましょうね、ということです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。