働きやすさって何だろう

働きやすさってなんだろう

タイトルの働きやすさって何だろうというテーマで思ったことを、体験談を交えて2つ書きました。

もくじ

働きやすさを押し付けられると、素直に喜べない

私が勤めていた工場は 8時30分始業、10時と15時に5分づつの休憩と12時から12時45分昼休憩、17時終業だった記憶がある。所定労働時間が8時間だったかな。

あるときに、何のまえぶれもなく昼休憩を12時45分から10分延長して12時55分までとする。その目的は社員の労働時間の短縮により働く環境を良くするためである。みたいな通告があった。

その時のみんなの意見は、ざけんなよ、労働時間を短くするなら昼休憩はそのままでいいから、10分早く帰してくれよ、というのが大半だった。昼休みといってもキチント休める部署もあったが、間接部門では電話の応対や資料作成をしている人たちも大勢いたので、実質労働時間の短縮の短縮にはならず、体裁だけ整えただけだ。と周りの人は解釈していた。

会社では本当に社員のためを思って、確かに労働時間の短縮は働く環境にはプラスであれ、マイナスはすくないだろう。なぜこんなにすれ違いが生まれてしまうのだろう。私の経験では、働く人たちに何の相談や意見を聞くことがなかった。そして一方的に、あなたたちのために変えたのだからいいだろと制度を押し付けられた。人は押し付けられることって、ほんとうに受け入れられないものですね。

働きやすさの工夫を取り上げないで

大都市では電車での通勤ラッシュを私も体験したことがあり、今ではそれでも楽になってきてはいるだろうが、地方に住んでいる私からすると、もう二度と都会には住めないと思うくらい辛かったです。

その通勤ラッシュを回避する方法として一時期時差出勤の導入が叫ばれ、それなりに実施する企業があらわれ効果もあったのではとニュース番組などを見ていて気にしていました。

一昨年働き方改革関連法案が施行され、働く人の健康を守るために労働時間の短縮を法律で明確にすることとし、実効性がある方策にするために労働時間の管理が今まで以上に厳格になり、そのために会社に着いたら仕事しているものと解釈するようになりました。または仕事が終わったら会社に残らないように、会社に残ることでそれが労働時間とカウントされる可能性があるので。これらは労働時間をキチンと把握することで、働く人の健康管理に資するということになっていますし、その通りだと思います。

しかし、大都市の電車の通勤ラッシュ。地方でも車通勤の大渋滞は、働く人にとってはストレスがとてもたまるものでですね。大都市でも地方でも早朝家を出てラッシュを逃れて会社に行く、という人が結構いますし、それを推し進めていたにも関わらず、今では早く出社することを阻害する方策に移行してしまいました。

働き方改革は大部分の人にとっては受け入れられるものであるでしょうし、企業まかせにしていてはなかなかすすまない労働時間の短縮でしたので、そのこと自体を否定するつもりは全くありません。

ここで考えたいのは、全員一緒でいいの?個人ごとの選択肢は与えられないの?ということです。

ラッシュをさけて早く移動する人の行動を制限するのって、どうなのでしょうか。

シェアしていただけると幸いです
もくじ
閉じる