社員研修の一コマ

製造若手社員向け5S研修

以前の新入社員研修での出来事。

製造業で現場に配属になる新入社員を対象にゲーム要素を取り入れた、研修を担当させていただきました。企業が行う新入社員研修は、1週間程度続くのですがそのうちの、半日が私の担当です。

この日は、午前中に就業規則の説明です。仕事をしていくうえで知っておかなければならないことや仕事中と自分の生活の基本となるルールを実例に沿って、丁寧に教えてもらっていました。

午後は、私が製造現場での基本「5S]をゲーム形式で体験してもらう研修です。まず、仕事に必要な「チームワーク」、「納期・品質・コスト」とかいった言葉を学ばせて、

いよいよ実演タイム!

最初は、決めごとをなぜ守るのか、決めごとを守るとどうなるのかを体験させました。

名付けて「数字ゲーム」です。

一見バラバラに並んでいるように見える数字が実は規則性があって、その規則に沿って行うと作業が早く行える、というものです。

次に、5Sの中の「整理・整とんゲーム」です。

何かで作業をするときに、整理、整とんができていない状態から一部の人だけが整理、整とんするとどうなるのか、最後に、全員がその環境で仕事するとどうなるのかを体験させました。

途中で解説を私の体験談を踏まえて行いましたが最後に受講者に感想を言ってもらいましたが、これが秀逸。

5Sって何のために行うのでしょう?という問いに

人間関係を良好にするためだと思います。その理由は、だれかが起きっ離しにしたり、

整えて置いておかない道具があるとそのことで、争いが起こってしまうので、

そういうことが無くなるように、僕は5Sをします

なるほど、確かにそれは言えますね。

もう一人

「自分が楽に作業ができるために、私は5Sをやります・その理由は、ゲームで最初整理、整とんができていなかったら手が痛くなってしまいました。

でも、その後、整理整とんされていると、楽にゲームができました。

 仕事も同じで、大変な仕事を楽にできるのだったら、その方がいいと思います。

これも、本質を言い当てていますね。

生産効率だとか、品質が、という理由よりも自分に何のメリットがあるのか、が理解できれば実際の仕事に就いた時に、行動に起こせるかも知れませんね。

真っ白な状態で思ったことを言うことができる新入社員は、人材の宝ですね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。