医療現場の研修

以前、ある病院の研修を担当させていただく機会があり、6回シリーズで行った。

その第1回目に臨む際の意気込みを書き残しておく。

このような継続した研修を任せてもらえるのは、もっともやりがいがある仕事の一つだ。

もちろん、1回限りの研修の仕事も多くそれはそれで、やりがいはある。

だが、全何回シリーズで研修を組み立てることができると、研修をやりながらトライ&エラーも可能だし、全体像からの各回のアプローチが可能なので人材育成に深く携わることができることが、何よりのモチベーションにつながる。

さて、今日の病院の研修だが、目指すところは社員の全体の底上げだ。

ほとんど全ての社員が資格を持ち、いろんなところで働いてきた人ばかりだ。

それがゆえに、個々の技能や技術は経験豊富がゆえ高いのだが個人プレーに陥ってしまう可能性がある。なので、

チームとして、組織として、個々の力を結集してお互いにお互いの教え合い、総合力を高めていく

ということが狙いだ。

そのためには、お互いを良く知ること。

そして、働いている者同士が助け合えるチームにしたい。

助けたいと思い会える組織にしたい。

そういうことを目指して、これからも行っていこうと思う。

シェアしていただけると幸いです

この記事を書いた人

静岡県静岡市にある社員研修、人材育成を行っている株式会社ミラクス代表です。 主な仕事は、個人の強みを活かした人材育成支援、分かりやすい社員研修です。 チームに所属するメンバーの「人間関係の質」を向上して、チームワークを高め、最終的には生産性の高く、自分のやりたいことができるチーム作りのお手伝いをしたいと考えています。

もくじ
閉じる